トップページ > お知らせ

お知らせ

ファンダメンタルキャパシティスクリーン(Fundamental Capacity Screen:FCS)セミナーを受講しました!

 スタッフブログ

2017/10/05

 こんにちは!
 ケアウイング曙、ストレングストレーナーの高橋 大輔です。
 
 9月22日(金)~9月23日(土)にアメリカ、テキサスで開催されたファンダメンタルキャパシティスクリーン(FCS)のセミナーを受講してきました。
 
 FCSはファンクショナルムーブメントシステムが提唱する、動きの分類・評価システムの1つです。
 現在日本でも少しずつ認知されてきている、動作の振い分けであるファンクショナルムーブメントスクリーン(FMS)と、体力要素である瞬発力、持久力や俊敏性などを結びつける能力を見極めるためのスクリーニングという位置づけになります。そして講師は、FMSの共同創始者であるグレイクック氏でした。
 
 セミナーでは4つのスクリーニング種目とそれに対する修正エクササイズを行いました。
 4つのスクリーニング種目は、ムーブメントコントロール(動作の制御)、ポスチュラルコントロール(姿勢の制御)、エクスプローシブコントロール(瞬間的力発揮の制御)、そしてインパクトコントロール(衝撃吸収の制御)になります。これら4つの能力はスポーツでも必要とされますが、日常生活でも重要な能力になります。文字通り、「根本的な:Fundamental」「資質/能力:Capacity」のスクリーニングとなるわけです。
 それぞれのスクリーニングをグループに分かれて行った後は、その改善、向上させるためのエクササイズの実技を行いました。講師のグレイクック氏は、「動作や動作能力を変えるには動作パターンが大切だ!」と言われ、エクササイズを行う上で必要な考え方や見方を細かく教えていただきました。
 
  
 トレーニングをしてもなかなか成果が出ない人やトレーニングの成果に伸び悩みを感じる人。もしかしたら、ファンダメンタルキャパシティに課題があるかもしれませんよ!そんな方は、ぜひケアウイング曙、高橋までご連絡ください。あなたの能力を正しく評価して、最善のプログラムで最高の結果に導きます!

ファンダメンタルキャパシティスクリーン(FCS)にご興味のある方はこちらまで
 ↓  ↓  ↓

ケアウイング曙
【TEL】(082)568‐6102  
【担 当】 高橋
 
 
今回講師をしてくれたグレイクック氏
グレイクック氏

最後に、思いがけない再開がこのテキサスで!
5年前、ロサンゼルスのアスリートパフォーマンス(現EXOS)でお世話になったブレント氏が!
ブレント氏
広島ドラゴンフライズ

飛翔会の整形外科クリニック


スポーツ支援活動実績 物販事業