トップページ > お知らせ

お知らせ

「第21回広島県トレーナー協会主催研修会」にてシンポジストを務めました!

 ケアユナイテッド スタッフブログ 高陽整形外科

2017/12/28

 12月10日(日)、広島大学霞キャンパス内 広仁会館において「第21回広島県トレーナー協会主催研修会」が行われ、「さまざまな現場でのトレーナー活動」をテーマに、高陽整形外科クリニック 理学療法士の増田 拓が「車いすテニスにおける世界大会帯同報告」と題してシンポジストを務めました!

 広大シンポ①  広大シンポ②

 研修会には、約130名の方が参加され、競技大会における救護、少年スポーツにおける障害予防など多様な場面でトレーナーが活躍する機会があること、どのような準備や関わり方が必要なのかを参加者と直接お話しすることができ、大変貴重な場となりました。

 トレーナーの役割として、スポーツに伴う傷害に対して素早く適切な処置を行うことで、その後の治療や復帰を早める事が期待されています。スポーツ傷害とは急性外傷(突発的)以外に、オーバーユース(使い過ぎ)に起因する慢性障害も多く存在します。しかし痛みを抱えながらもプレーは続行可能な場合が多いので、診断は容易ではありません。

 現場にトレーナーがいることで、いち早く医療機関への受診の必要性や応急手当てを受けることが可能になります。またコンディショニング指導を定期的に受けることでスポーツ傷害を予防できるメリットもあります。
 
 飛翔会グループでは特定非営利活動法人 ケアユナイテッドによるトレーナー派遣業務を通して大会主催者、選手が安心して競技に集中できるよう、サポートさせていただきます。

広島ドラゴンフライズ

飛翔会の整形外科クリニック


スポーツ支援活動実績 物販事業