トップページ > 自費治療 > オステオパシー

オステオパシー(予約制)

オステオパシーとは

オステオパシーは1874年にアメリカ人医師アンドリュー・テイラー・スティル博士によって提唱された療法(医学)です。 オステオパシーの最大の特徴は「身体は一つの繋がったシステムである」として捉えることです。 更に身体の各部位は個々が単独に働いているのではなく、全体として調和を取りながらお互いに協調し合って働いていると考えます。 (【例】右手薬指を突き指後、指の筋肉からの繋がりで右肩が挙がりにくく、痛みを生じる)
このことから、例えば痛みや様々な症状がある場合でも、痛みや症状の原因が必ずしもその部分にあるとは考えません。 身体全体を解剖学、生理学の知識を基に診察し、痛みや症状を引き起こしている根本的な原因を探し出し、 治療して行きます。オステオパシーは、筋膜・骨・関節・頭蓋・臓器・リンパ・血管など、 あらゆる器官に対する技術を持ち合わせ、更には患者を身体・心・精神の3つから成る統一体として捉え、 手技により施術を行う療法のことです。

こんな症状でお困りの方へ・・・

オステオパシーでは、様々な治療を受けたにも関わらず症状が改善せず、 未だにお困りの方。現在お困りの症状の原因が知りたい方など、その他不定愁訴を訴えられる方にお勧めです。 オステオパシー独自のアプローチでお悩みの症状を改善していきます。
適応症:頭痛、肩こり、腰痛、ひざ痛、ヘルニア、手足の痺れ、スポーツによる痛み、日常生活動作での痛みなど、 その他、気になる症状がございましたら一度お電話にてご相談下さい。

施術の考え方

①身体は一つのユニット(単位)である

身体全体を一つの繋がったシステムとして捉え、あらゆる器官、さらには身体だけではなく、 心や精神との繋がりも含めて原因を探し出し施術していきます。 さらには身体だけではなく、その背後にある心や精神との繋がりや関わりを大切にしながら、 一人の人間として尊重しそれぞれの働きを考慮しながら施術を行います。

②身体は自己調節、自己治癒力を持っている

スティル博士は『人の身体の内部には健康を維持する能力がある。もしこの能力を正しく認識し、 正常に保つことができれば病気を予防することも治療することも可能である。』と述べています。 (自己治癒力:走って転倒した際、膝を擦りむいた。出血するもかさぶたができ、その後皮膚が再生し、元に戻る) 身体・心・精神は調和のとれた最適条件では、でき得る限り健康を維持し様々な環境や状況に適応し、 そして治癒するように働くことができると考えています。

③構造と機能は相互に関与しあっている

身体の構造(骨組みである筋骨格系や臓器や血管、様々な器官)が変化する事により機能(身体の働き-免疫系や循環系、神経系など) に影響を与え、反対に機能の変化により身体の構造が変化するというようにそれぞれが相互に関与し合っていると考えています。 術者は構造または機能に働きかける事で、人体が再び調和を取り戻し健康な状態となるよう状態確認し、施術を行います。 スティル博士は「異常が存在する身体が病気になることは、全てのものが正常な体に健康が存在するように自然なことである。」と述べています。

④合理的な基礎的原理に基づいている

病気とは身体の構造の異常とそれに続く生理的機能の不調和の結果であってその原因ではないのです。 スティル博士は『オステオパスは症状を扱うのではなく、原因を扱わなければならない。症状は、原因が調整されれば消失する』 と述べています。 オステオパシーにおいて合理的な治療を行うためには上記の3つの基礎的原理を踏まえて行う必要があります。

治療の流れ

1.問診表の記入

現在お困りの症状はいつからなのか。また、これまでの外傷歴(骨折、脱臼、捻挫、打撲など)、 手術歴、病歴等、その他必要事項のご記入をして頂きます。他、現在の食生活についてやストレス、 それによる睡眠の状態等についてお伺い致します。

2.問診

ご記入頂いた問診票をもとに、詳しくお話を伺わせて頂きます。
過去に受けた交通事故、転倒、ケガ等が現在の症状の原因となっている事もあります。 思い出せる限りで結構ですのでご協力下さい。お話の中で忘れていたことを思い出され、施術のヒントのなることもあります。

3.検査

まず、患部の状態を確認させて頂きます。次に視診(目で確認)にて姿勢確認(左右、前後のバランス)、 次に触診にて肩、首、腰の可動域(どのように、どの程度動くのか)の確認、そして呼吸状態、循環状態の確認を行います。 身体全身が膜で覆われているという考えのもと、上記のような検査させて頂き、施術後の変化を実感して頂きます。

4.施術

検査で得た情報をもとに、現在お困りの症状の原因に対して最善の施術を行います。 当院の施術するオステオパシーは、古典的手法を現代に伝えたものとして、一般的にクラシカルオステオパシーと呼ばれています。 スティル博士によって提唱された四大原則(1.身体には自己治癒力と自己調節の機能が備わっている、 2.構造(解剖学)と機能(生理学)は相互に関係がある、3.身体は肉体、精神(魂)が全体として働くひとつのユニットである、 4.これらに基づいて合理的な治療を行う)を忠実に遵守し、オステオパシー本来の源流を汲むものです。

オステオパシーは様々な手技を組み合わせて行います
・直接法
制限に対して直接力を加え、組織を正常な状態へ促す方法。
・間接法
制限のない方向(オステオパシーで言う機能障害の方向)へ動かし、機能障害を誇張させることで脳神経へ働きかけ、正常な状態へ促す方法。
・ストレイン&カウンターストレイン
緊張した筋と拮抗的な位置にある筋との間にアンバランスが生じると、痛みが生じる。 この手技はアメリカのオステオパスである、ローレンス・ジョーンズによって創始された手技である。人は外力など強い力を身体に受けると、筋肉が瞬間的に緊張し、身体が壊れないように反応する。外力が無くなった後も、その状態が続くと筋肉が緊張したままとなり、脳へ情報が正しく送られず、痛みを感じ続けてしまう。その緊張したままの筋肉へ※適切な刺激を入れることで、症状の改善を図る。 ※適切な刺激とは、、、筋肉の圧痛点をコンタクトしたまま、その緊張が最も緩む位置で90秒程度保持、緊張した筋肉と反対の働きをする筋肉とのバランスを取り、痛みを改善させる。
・筋・筋膜リリース
筋膜の緊張に対して、引き延ばすように直接法を行ったり、あるいは収縮させるように間接法的に行ったりしてバランスを整える手法である。
・マッスルエナジーテクニック
症状の原因となっている筋肉の力を利用し、その力に抵抗しながら筋肉を収縮させ、筋や関節の動きを改善する手技。
・頭蓋オステオパシー
脳脊髄液の流れ、身体全体の呼吸の確認(第一次呼吸)を行う。それらの制限があれば、制限の原因となる部分へ施術を行う。

当院ではこれらの手技を駆使して、最善の施術を行います。

5.再検査

施術後、再度検査を行い変化を確認します。 本人様にも施術前と施術後の身体の変化を実感して頂きます。 その後、5~10分程度治療効果を高めるため、ベッドにてお休み頂きます。

6.状態・注意等のご説明

施術内容のご説明、今後の施術方針および治療後の注意点等をご説明させて頂きます。 その際、様々ご質問等ありましたらお受けいたします。

料金とご予約について

オステオパシー60分コース・・・・5,400円(税込)
オステオパシー30分コース・・・・3,240円(税込)
ご予約は、3F受付カウンター及びお電話にて承っております。
TEL:082-568-6102

施術者紹介

野原 淳のはら じゅん

こんにちは。オステオパシー施術を担当している野原淳(のはらじゅん)です。当院では様々な症状でお困りのあなたのため、その症状の改善のため、全力で施術させて頂きます。直接ご来館しずらい方はお電話でどうぞ。何でもご相談に乗りますよ。

【資格】

・日本オステオパシープロフェッショナル協会所属
・柔道整復師

【経歴】

・広島県立広島皆実高等学校 男子バスケットボール部

・広島市立美鈴が丘高校 男子バスケットボール部

・広島県立広島商業高等学校 男子バスケットボール部

ケアウイング曙

広島市東区曙5丁目3番32号
LORDS・RIVER 2F・3F

TEL:082-568-6102
FAX:082-568-6103

【駐車場】

無料駐車場9台有り

鍼灸接骨院

【営業時間】

平日/ 9:00~12:30
15:00~18:30
(木・土曜日は午前中のみ)

【定休日】

日曜日・祝祭日

午前
午後--
大きな地図を見る
採用情報 Q&A 飛翔会グループ ケアウイング ケアユナイテッド 飛翔会アカデミー リンク集 スポーツ支援活動実績 物販事業 スタッフブログ