トップページ > ストレングス&コンディショニングコラム

ストレングス&コンディショニングコラム

「ストレッチポールを使ったトレーニング②」 大石 博暁

2011/08/23

トレーニング



PDF版
 
【6】両脚を上げ、片手スイング
STEP1…両手両脚を床に着けた基本姿勢から、足、膝、股関節をすべて90度に固定して両脚をゆっくりと上げる。姿勢をキープしたまま、片手を床と平行になるよう頭の先へ伸ばす。
STEP2…伸ばした手を上下にスイングする。肩甲骨周りの筋肉に柔軟性があり機能している人は、スムーズなスイング動作が可能。バランスが取れればもう片方の手でも同様に行う。

【7】片脚を上げ、手を横にスイング
STEP1…基本姿勢から足、膝、股関節をすべて90度に固定し片脚を上げる。その後、脚を上げた対角の手を床と平行になるように伸ばし、もう片方の手をゆっくりと床から離しバランスを保つ。
STEP2…手を横にスイングする。床ギリギリでスイング動作ができれば、体幹は安定していると言える。縦振りと横振りでは、バランスの取りやすさは人によって異なる。 STEP3…STEP1の姿勢から、右脚を左脚の膝の上に掛ける。安定したバランスを取ることができれば、片手を横にスイングする。バランスが取れれば足を入れ換えて行う。

【8】両脚をつけ、手を横にスイング
STEP1…両脚をピッタリとつけ、くるぶし、かかともくっつけた状態から片手を横にスイングする。体幹の深層筋を意識して行い、バランスが取れればもう片方の手でも同様に行う。

【9】両脚を上げ、手を横にスイング
STEP1…基本姿勢から足、膝、股関節をすべて90度に固定し両脚を上げる。その後、片手を床と平行になるように床から離す。もう片方の手の1点で支えているため、バランスを取るのは難しい。
STEP2…上げた手を横にスイングする。両脚が宙に浮いているためバランスを取るのが難しく、【7】のトレーニングより難易度は高い。

【10】片脚を上げ、両手スイング
STEP1…基本姿勢から脚、膝、股関節をすべて90度に固定し片足を上げる。対角の手を床に垂直になるように上げ、もう片方の手をゆっくりと床から離す。
STEP2…両腕を垂直の状態にキープしながら、垂直に上げた手は上下に、もう一方の手は横にスイングする。両腕を同時に動かすため、体幹がぶれやすい。
STEP3…STEP1の姿勢から、右脚を左膝の上に掛ける。そこからSTEP2と同様に、両腕を垂直の状態にキープしながら両手をスイングする。

【11】両脚を上げ、両手スイング
STEP1…【10】のSTEP1の姿勢からもう片方の脚も上げる。そこから両腕が垂直の状態をキープしながら両手をスイングする。両手両脚が宙に浮いているため、難易度はかなり高い。






ストレングスコンディショニングコラムは元男子バレーボール日本代表フィジカルコーチ 大石 博暁を始めとした、
飛翔会グループの経験豊富なスタッフが、
トレーニングについて分りやすく解説します。
広島ドラゴンフライズ

飛翔会の整形外科クリニック


スポーツ支援活動実績 物販事業