トップページ > 医療・サービス > 骨密度検査のご案内

骨密度検査のご案内

骨密度検査について

骨粗鬆症(こつそしょうしょう)患者は国内で推定1000万人が存在していますが、実際に治療を受けているのは200万人に過ぎないと言われています。元気に生活していただくために、なるべく早く発見し治療を開始することが重要です。飛翔会ではX線を利用する方法で骨密度を測定しています。
当クリニックではGE社 PRODIGYを使用し、2重X線吸収法(Dual energy X-ray Absorptiometry 通称DEXA)を利用して骨密度を測定します。これは2種類の異なるエネルギーのX線を照射し、骨と軟部組織の吸収率の差から骨密度をもとめる方法です。測定精度が高いので骨密度測定の基準測定法とされています。骨折のリスクが高い腰椎と股関節頚部の測定を行います。

GE社 PRODIGY

検査時の注意点

放射線を利用した再構成画像で測定いたします。
検査のときに障害になる可能性のあるもの(ボタン・金属〈ブラジャーなど〉カイロ・シップ・磁石 など)は外していただきます(レントゲンに写るような物が問題となります)
また、バリウムは測定値に影響を与えますので検査前約1週間はバリウムを使用した検査を行わないようにお願いします(検査が行えない場合があります)

料金・費用の目安

骨密度検査(DEXA)料金〈保険適用〉

検査内容自費総額一割負担三割負担
腰椎のみ3,6003601,080
腰椎+大腿4,5004501,350
前腕1,400140420

※初診の場合、その他使用する薬剤・機器により多少前後します

飛翔会の整形外科クリニック


スポーツ支援活動実績 物販事業