トップページ > 応募検討中の皆様へ・・・飛翔会のリハビリ部門教育システムのご紹介

応募検討中の皆様へ・・・飛翔会のリハビリ部門教育システムのご紹介

応募検討中の皆様へ・・・飛翔会のリハビリ部門教育システムのご紹介

●教育システム担当者

飛翔会グループホームページをご覧いただきありがとうございます。リハビリ部門の教育を担当しております石川と申します。
 石川 雄也

  • 理学療法士
  • Spine Dynamics療法上級認定資格
  • ドイツ筋骨格医学会日本アカデミー認定マニュアルセラピスト

●就職して不安に思うことは?

皆さんが就職先でまず不安に思うことは、

・いきなり患者様を担当するのではないか?
・患者様を担当する時、上手に評価や治療が行えるのだろうか?

といったことではないでしょうか。
 飛翔会グループのリハビリ部門では、新規入職者の不安を解消するべく教育システムに力を入れております。 飛翔会オリジナルの教育テキストを作成し、それに沿った教育を進めています。 当グループでは新規入職者が一定のスキルを身に着けるまで、担当の患者様を1人ではなく複数のスタッフで治療します。 各々の力量を見極め、部位や症例に応じて段階的に患者様を担当して行くこととなります。 また現場では、OJTリーダーをはじめ、先輩スタッフがしっかりバックアップを行ないますので、 安心して患者様への対応を覚えることが出来ます。

●飛翔会グループの教育内容

当グループでは、【ドイツ徒手医学】、【Spine Dynamics療法】を中心に教育を行っています。

月に1度、グループ全施設のリハビリ部門新入社員を対象としたドイツ徒手医学及びSpine Dynamics療法の認定インストラクターによる勉強会を開催しています。毎月のテーマにしたがって、患者様の治療を不安なく行えるようにフォローしていきます。また、認定インストラクター以外の先輩スタッフも同じ教育プログラムを受けています。分からない事があれば現場ですぐに質問、解決できる安定した環境で業務を学ぶことが出来ます。

  7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
ドイツ徒手医学 股関節 肩・膝 腰部・胸郭 腰部・胸郭 頚胸部 頚胸部 足・骨盤 足・骨盤 まとめ
スパインダイナミクス 入門編   ベーシックⅠ ベーシックⅡ アドバンス        

●スペシャリスト外部講師の招聘

年数回、国内外問わずスペシャリスト講師を招聘し知識・技術のスキルアップを目的に研修会を開催し教育システムの更なる充実を図っております。理学療法士以外にもトレーナーの講師も招聘しており、クリニック内業務に留まらず、スポーツ現場での活動に対応できる教育を行っております。

ロビー大橋氏

錦織圭選手など数多くの一流選手を担当しているロビー大橋氏による動作パターンの改善とアスリートのパフォーマンス改善に向けたセミナーを開催しました。

過去の招聘外部講師

アナ・ハートマン氏、咲花正弥氏、阿部勝彦氏、大貫崇氏、福井勉氏、山口光圀氏、石井慎一郎氏、脇元幸一氏など(順不同)

2年目以降も各施設内での症例発表会や3年目では全施設合同での症例発表会を開催しており学んだことをアウトプットする機会を設けています。
運動器リハビリテーションのスペシャリストを目指せる環境で共に働いてみませんか?

リハビリテーション教育システムで習得できる技術

徒手療法

  患者さんの痛みの改善、局所的な動きの改善にはセラピストが直接触れて改善を図る徒手療法が不可欠です。当グループでは徒手医学の本場ドイツで研修を終え認定されたインストラクターが在籍し、日々の臨床で質の高い徒手療法を提供するための実践教育を行っております。
関連項目:ドイツ筋骨格医学会 


運動療法

 習慣化された動作パターンの改善は日常生活動作からスポーツの分野まで必要不可欠な要素です。当グループでは、開設以来、長年培ったスポーツ医学の経験を基に、子供から高齢者まで、在宅リハからアスリートまで、幅広く適応できる段階的な運動療法のノウハウを持ち、それを現場での教育に取り入れております。

関連項目:
MSIアプローチ、DNS理論、adidasトレーニングアカデミー


心身調律

 多くの患者さんが生活習慣や姿勢の乱れから慢性的な体調の不良を抱えています。当グループでは、そのような患者様の生活指導や姿勢改善プログラムに関する教育を理学療法士だけでなく、保健師・管理栄養士と共に実施しています。
関連項目:スパインダイナミクス療法 

飛翔会の整形外科クリニック


スポーツ支援活動実績 物販事業