トップページ > 整形外科・内科疾患について

整形外科・内科疾患について

関節唇損傷

2011/07/27

原因
関節唇損傷とは、肩関節を補強している関節唇という軟骨組織が損傷する疾患です。関節唇はスポーツ動作などで腕に無理な動きが加わり動きを強制された際や、転倒などの際に脱臼などと一緒に損傷することがあるほか、野球やバレーボールなど、腕を頻繁に挙上するスポーツで使いすぎにより生じることもあります。

 
症状
症状としては、腕を挙上した時、最上部で痛みや引っかかり感が生じ、損傷した動きを再現すことで時には再脱臼することもあります。
医師による徒手検査で診断され、程度によっては手術的加療を必要とすることもあるため必要に応じてMRIを撮影することもあります。

 
治療
治療として、痛みの強い急性期は主に痛みの緩和を目的に冷却や電気刺激などの物理療法と薬物療法、痛みを強めない徒手療法を行います。患部の固定の為にはテーピングを使用することもあります。痛みの改善が得られてくれば、可動範囲の拡大や筋力の改善を目的に理学療法士による徒手療法や筋力トレーニングを状態に合わせて行っていきます。特に関節唇損傷では原因となった動きの改善や肩を安定させる肩周囲の筋肉の筋力改善が再発予防には重要となってきます。
広島ドラゴンフライズ

飛翔会の整形外科クリニック


スポーツ支援活動実績 物販事業