トップページ > ストレングス&コンディショニングコラム

ストレングス&コンディショニングコラム

「股関節のトレーニング~ダイナミックスストレッチ その1~」 大石 博暁

2011/08/20

股関節のトレーニング



PDF版
 
股関節は、肩関節と並んで人間の体の中で一番大きな動きをする関節です。球関節で複雑な動きができるため、スポーツを行うときも非常に重要な部分になります。基本的な動きは図2の通りで、 ①屈曲・伸展 ②外転・内転 ③外旋・内旋の3種類あります。これらが複合されて、様々な動きができるようになるのです。股関節の位置については、間違った認識を持っている人も多く、意外と正しく把握されていません。足の付け根部分にあると思われがちですが、実際にはもう少し上で、お尻の窪みの奥の方にあります。トレーニングをするときは、しっかりと正しい位置を理解し、意識して鍛えましょう。

【1】開脚ストレッチ
まず立位で背筋を伸ばし、骨盤をまっすぐ立てた状態で開脚しましょう。そこから体を左右に倒していきます。この動作を小刻みに繰り返すことによって、内転筋の柔軟性が高まるはずです。あまり開脚できない人がこの種目を行うことによって、薄筋のストレッチも兼ねることができます。

【2】四股上下ストレッチ
スタート時は、まず胸を張って背筋を伸ばし、つま先をできるだけ外側へ大きく開くようにします。180度開くのが理想ですが、可能な範囲で構いません。また骨盤は少し前傾させて膝の真下に踵が来るようにし、手は骨盤のところに置いておきましょう。そしてそこから上体をまっすぐ維持したまま、自分の踵を触るように動作を繰り返していきます。この動きだけでかなり内転筋群をストレッチすることができます。

【3】四股左右ストレッチ
スタートの体勢は、四股上下ストレッチで踵を触っている状態と同じです。そこから体を左右に倒していきます。膝の位置も一緒に左右に移動して構いません。この動作によって内転筋群に適度なストレッチがかかります。
 
【4】ランジストレッチ
『ランジの姿勢』は、脚を大きく前後に開いた状態のことを言います。この姿勢で、前脚の内側から同じ方の手を入れて床につき、もう一方の手は脚の外側に置きましょう。このとき、背筋をそらして骨盤は前傾させておきます。そして膝ごと体を左右に動かしていきましょう。動作するときは股関節の内転、外転の動きを入れるために付け根からしっかりと動かすことが大切です。

【5】レッグスイング(サイド)
ストレッチポールを利用すると便利ですが、実際は壁でも棒でも、体が安定できるようなものであれば何に掴まっていても構いません。片脚支持でまっすぐに立ち、もう一方の脚を左右に大きく振っていきます。膝はしっかりと伸ばしたままで、股関節の付け根から外転、内転させましょう。






ストレングスコンディショニングコラムは元男子バレーボール日本代表フィジカルコーチ 大石 博暁を始めとした、
飛翔会グループの経験豊富なスタッフが、
トレーニングについて分りやすく解説します。
広島ドラゴンフライズ

飛翔会の整形外科クリニック


スポーツ支援活動実績 物販事業