トップページ > 整形外科・内科疾患について

整形外科・内科疾患について

靭帯損傷

2011/07/26

原因
膝には内側側副靭帯、外側側副靭帯、前十字靭帯、後十字靭帯など重要な靭帯が幾つもあります。サッカーやバスケ、バレーといった急激なターンやジャンプ動作を繰り返すスポーツ活動などで急激に膝を捻った際に靭帯が損傷することがあります。その中でも特に多いのが前十字靭帯損傷です。

 
症状
受傷直後は著しい疼痛と共に膝の曲げ伸ばしや荷重が困難になります。また、関節内で出血し膝が腫れることがあります。
靭帯はレントゲンには写らないため、正確な診断にはMRI検査が必要な場合があります。また、前十字靭帯の完全断裂では手術が必要な場合があります。

 
治療
治療は急性期には炎症を抑え、疼痛を軽減させるため電気治療やアイシングなどの物理療法、膝関節の安定性を高めるためのテーピングを行います。また可能な限り早期から膝関節の機能を改善するための徒手療法や筋力強化運動を行います。
その後、それぞれのスポーツ復帰プログラムに沿って、筋力、柔軟性、俊敏性、体力を包括的に高めながらスポーツ復帰を目指します。
広島ドラゴンフライズ

飛翔会の整形外科クリニック


スポーツ支援活動実績 物販事業