トップページ > スポーツドクターコラム

スポーツドクターコラム

No.78「腕を回す競技で起こる肩峰下インピンジメント」

2010/03/10

肩峰下インピンジメント



野球の投球やテニスのサーブなど腕を回す動作を繰り返すスポーツ競技に見られる肩峰下インピンジメントは、動きの中で肩に痛みを覚える症状が表れる疾患です。 肩甲骨の周囲には肩峰と烏口突起、烏口肩峰靭帯で構成される烏口肩峰アーチが作られており、その中にアーチのクッションの役割を果たす肩峰下渇液包と腱板があります。肩の使い過ぎによって肩峰下滑液包と腱板が炎症を起こすと、これらが肥厚、変性し、正常であれば接触しない烏口肩峰アーチと衝突(インピンジメント)して、肩の痛みや運動障害を引き起こします。

先天的な原因のものもありますが、年齢を問わず発生する疾患と言えます。先述したように肩を回すスポーツ活動をきっかけに発症するケースをよく見かけます。症状としては肩の挙上時(腕を肩より高く上げる時)に痛みを訴え、夜間痛を認めることがあるのも特徴です。競技パフォーマンスに大きな影響を与えます。

診察では烏口肩峰アーチに圧痛を認め、肩を挙上する角度や位置によって圧迫や衝撃を受けている箇所を特定することができます。また、治療も兼ねて肩峰下滑液包に麻酔薬を打つことで痛みが取れ運動制限がなくなれば、そこが痛みの原因と特定できます。痛みを我慢して競技を続けると慢性化することもあるため、痛みのある動作をとらないことが最も大切となります。

リハビリとしては温熱療法や腱板のストレッチ、筋肉が痩せてきてしまうこともあるため筋力強化訓練などを指導します。また、硬くなった筋肉をほぐし関節の可動域を広げるためにマニュプレーション(手技療法)も効果的と言えるでしょう。痛みに対しては基本的な痛みの治療法に則り、非ステロイド系抗炎症剤や外用剤を処方します。それでも治らない場合は肩峰下滑液包内ステロイド剤やヒアルロン酸ナトリウム製剤などを検討します。

これらの保存的治療(手術しない方法)を6ヵ月間程度行っても改善が見られない症例では手術を検討します。またレントゲン検査で骨が変形して棘のような肩峰骨棘を認める症例もあり、炎症はさらに悪化。そのまま放置しておくと、肩峰下滑液包が破けたり腱板が切れたりし、腱板損傷を引き起こして肩が上がらなくなり手術も選択することになります。手術を回避するためにも痛みを我慢することは禁物。重度の患者が多い疾患でもあるので、レントゲン検査で異常が見られなくてもMRIを撮ってどこに原因があるのかを調べて早期発見、早期治療を心掛けましょう。




スポーツドクターコラムは整形外科医師 寛田 司スポーツ医療スポーツ障害症状治療について分りやすく解説します。

飛翔会の整形外科クリニック


スポーツ支援活動実績 物販事業