トップページ > スポーツドクターコラム

スポーツドクターコラム

No.35「膝の痛みや不快感は離断性骨軟骨炎に注意」

2006/07/20

離断性骨軟骨炎



離断性骨軟骨炎は、軟骨の直下の骨(軟骨下骨)に血行障害が起こり、軟骨下骨が壊死した病態のことを言います。好発部位は大腿骨の内側で、原因は外傷や先天性なども考えられていますが、いまだにはっきりしていません。ただ病変が悪化すると、骨から軟骨が完全に剥がれて関節内遊離体が生じることもあるため、早期発見が大切になります。

関節内遊離体を生じていない時期の症状は曖昧です。膝に漠然とした痛みや不快感があるときは、この障害が疑われます。診断にはレントゲンを用いることが多いのですが、初期の段階では判断できないためMRIが有効です。

離断性骨軟骨炎は、病期を3段階に分類することができます。レントゲンで病変が確認できるものの軟骨面の連続性が保たれている「進行期」、病変部が部分的に分離している「離断期」、そして完全に病変部が剥がれ遊離体が生じている「末期」です。それぞれの段階により、治療法も異なります。病変部が離断する以前に発見されたときは、剥がれるのを防止し、壊死の治癒を図ります。病変部が1センチ以下であれば3?6週間、それ以上の場合は、レントゲンで経過を観察しながら骨癒合の徴候が出るまで固定しなければなりません。ただ長期固定は関節機能にとってあまり望ましくないため注意が必要です。2?3ヵ月の保存療法に反応せず、症状が悪化する可能性がある場合は、手術療法を考えなければならないでしょう。

小児にこの病変を発見したときは、反対側の足のレントゲンを撮ることも大切になります。痛みのない足の方にも同じ病変があり、それが小さい場合は、保存的治療で回復することも多いようです。

手術療法には様々なものがあります。その1つがドリリングと言って、骨に小さな穴を空けて、その部分から血が流れるようにする方法です。主に骨が離断していない進行期の場合に行います。

離断しかけているときや、遊離した骨軟骨片が使用可能なときは、自分の骨で釘を作り、遊離した部分を母床に戻して固定する方法もあります。骨軟骨片が使えない場合は、別の部分から自分の骨を移植しなければなりません。

また現在は、組織工学的手法を用いた関節軟骨の再生も行われるようになりました。軟骨細胞を自家培養し、それを移植するのです。ただ完治まで1年以上を必要とするため、スポーツ選手の場合は、復帰まで時間がかかってしまいます。まず手術を必要としないためにも、膝に痛みやひっかかりを感じたときは専門医で、すぐに受診するように心掛けましょう。




スポーツドクターコラムは整形外科医師 寛田 司スポーツ医療スポーツ障害症状治療について分りやすく解説します。



飛翔会の整形外科クリニック


スポーツ支援活動実績 物販事業